スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューティングヒストリカと物欲とかがねドラえも~んでカムイの変移抜刀霞切

おはようございます、クリスマスです。
毎年リア充が爆発するアレですね。
私のところにもサンタ来ないかね?来たら拉致ってやるわ。

月曜日に死ぬるーと思ってから、イマイチ体調は優れていないわけですが。
私の場合こうなると、元々少ない判断力がより無くなって無駄遣いをしてしまうというか・・・まぁ・・・なんだか。
今回は・・・近所でガチャガチャをやるハメに。
シューティングヒストリカ4
1回400円って高いな!おい!、それも80年代から90年代初頭のゲームばかりじゃないか、その上マニアックな。
で、3回やってみた結果・・・フリントロック✕2とブラックフライ✕1が出ました。
でもまぁ・・・この頃のシューティングゲームの自機デザインは異質でカッコイイな。

131129_3.jpg
コナミのXEXEXの自機フリントロック、かっこいいね、この前方のグニャグニャ(正確にはコイツが本来の自機かもしれんフリント、で操縦者はそれをロックしている存在)の中は何か妖精さんが入っております、最大グニャグニャは3本まで増えるよ。
でも殺す気満々なデザインはいいですね。

131129_2.jpg
タイトーのメタルブラックの自機ブラックフライ、かっこいいね、ストーリーは実にアレだけど。
あー、設定の極悪レベルはアイレムのゲームが一番ひどいかな、やっぱ。
女の子の四肢切断とか幼体固定とか脳髄だけとか何なんだ?

後はシルバーホークとX-002が出ればなぁ、ウィンビーとかは要らん。

しっかし、このシリーズ。
軟質素材を一切使わないでミリ単位の細さのパーツを使うから折れまくり。
お子達ならバラバラだぞ、組み立てに関する説明書すら無いし。
でもまぁ、これ400円もするだけあって出来が尋常じゃないわ。
ずらっと並べて簡単なライトアップをして背景も付けて飾りたいな。
とにかくこの手のSRシリーズの本気で腐れたマニアックラインナップと異様な出来は他メーカーの追従を許しませんな。
「大人だろうが子供だろうが組み立て時に壊そうが知ってたまるか!それよりクオリティーじゃ!クオリティーじゃ!」という姿勢がたまらん。

まだある内に回してやる。
このシリーズは毎回プレミア付くからな。

それと何か知らんが最近これが欲しいのです。
ペルソナに出てくるタナトス
・・・もうね、ゲームやってないのに欲しいとか言うなよ。
前も同じようにラビリスとかアイギスとか買ってるだろうが。

本当に毎回毎回デザインだけで買おうとするなよ。
でもなぁ、かっこいいしなぁ、タナトス。
あー、もう面倒だから買ってしまうか。
いや、もう買う!高くなる前に!

それとドン・キホーテで気になっていたこれ。
131129_1.jpg
ギチギチすぎですね。
もう何を考えているのかわからん。

ついでに毎年近所のピカソって化粧品の会社でやってるツリーの飾りつけ。
131129_4.jpg
今日からやっておりました。
時間の都合上イルミネーションは無しですが。
大体高さは4~5メートル程度、結構デカイです。
昔は夙川の橋の所に長らく夙川近辺に住んでいた外国人から送られてきた大きなツリーが飾られていたんだけど・・・今はやってるのかなぁ。
ある意味、美談だから続いていてくれれば嬉しいけど。

そういや夙川な・・・多分この「夙」はこの近辺に住んでいる人しか読み書きが難しい文字だと思うけど、色々と深い意味があるんですなぁ。
例えばカムイ外伝(アニメ化にもなったけど、サンデー不定期連載のな、初出タイトルは「雀落し」)の第一話、当時のサンデーで自己の出自を語るシーンで「俺は夙のカムイ」と言っていました(単行本では「夙の」部分はカットされていた)。
「夙」の意味は察して欲しいと思うけど、簡単に言うと「物凄く酷い地位」。
なのでカムイの出自は名前からして北海道的に思われるだろうけど、実際は奈良か兵庫なんだろうな。

だから何だと言われても。
以前持っていた50年近く前のサンデー初出時のカムイの切り抜きも人にあげちゃったしね。
もう、私個人では証拠は取れんよ。

それとどうでもいいが、というか何回も言っているがストライダー飛竜はカムイだよな。
飛竜↓
131129_6.jpg
カムイ↓
131129_5.jpg

ついでにボトムズのキリコも根底にはか。
ストイックな逃亡者兼、追撃もする者という設定は当時は珍しかったしね。
今見るとしょっちゅう心を折りながらでもの大概な殺戮者だぞ。

カプコンに関してはスト2のバルログの技「イズナドロップ」も、思いっきりカムイの「飯綱落とし」だしな。

まぁ、いや、まぁねぇ、ねー、猫かわいいねー。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

メルカトル図法(DEATH)

Author:メルカトル図法(DEATH)
こんぬつわ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最新記事
検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Web本棚
グーバー何たら
グーバー何たら
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。