スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ないふがとどいた

今日はヤフオクで購入したナイフが届きました。
いわゆるスティレットという形状のナイフ。

落札後に、飛び出しナイフらしい感じに気づいたので「と、と、と、飛び出しナイフなら、こ、こ、こ、購入はご、ご、ご、ご遠慮させてい、い、い、頂きたいのですが」的なメッセージを送ったのですが、特に飛び出す要素も無いと言うことで安心して購入。

でもって、届いて納得。
飛び出すような機構は一切無く、柄の部分のボタンも単なる飾り。
それでも一応ライナーロックはあり、柄の半月上の金属板をぐぐっと押し込むことにより解除という形。
単なるフォールディングナイフでした。

ちなみに、いわゆる飛び出しナイフ(バネなどで自動的に刃が45度以上開くもの)は銃刀法で規制されております。
販売どころか、単純所持でも逮捕される可能性があります。

ちなみにこんなの。
knife_01.jpg
開いたらこんなの。
knife_02.jpg

刃渡りは7センチちょっと、開ききった状態で全長18センチらいと結構小ぶり。
届いた状態ではそれなりに磨いてはあったもののそれでも全体的に黒ずみ、各動作部も軋んでいる感だったので#2000のペーパーや、コンパウンドや、ルーターやら使って磨き上げた上に油差し。
鈍い光沢も味といえば味ですが、何となくピカピカにしてみたくなったので。
ついでにあまりにも甘かった刃も適当に刃付け。
とりあえず、段ボールとかサクサク切れる程度には研ぎましたがまだまだ甘いです。
改めて、キチキチに研ぎあげようと思っています。

恐らく物自体はく、かーなり古いものです。
30年くらい、もしくはもっと前のものかもしれません。
上記の画像ではすでに磨き上げた後なので綺麗に見えますが、届いた状態では経年相応な感はありました。

と、まぁなんだかんだでかなり気に入った一品になりました。
持ち歩いてたら問題起こりうるけどな!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

メルカトル図法(DEATH)

Author:メルカトル図法(DEATH)
こんぬつわ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最新記事
検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Web本棚
グーバー何たら
グーバー何たら
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。