スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシモとワボットと加湿器と電気ビリビリで感電

アシモとかありますね、最近あまり聞かないけど。
私の時代は早稲田大学のワボット
下半身のみでグラッグラしながら歩いて、少しの段差でコケまくりなのを見て未来を感じました。

また、小さい頃に空き地の奥でブルーシートとかテントなんか使って秘密基地を作り、缶詰とか缶ジュースとかを運びこんで翌日に意気揚々と行くと浮浪者に占拠されて怒鳴りつけられて追い返されたり。
俺らが用意した食材とかテントなのに・・・

毎回毎回の与太話はさておき、うむ。

今日は加湿器を買いました。
110129_1.jpg

私はすごい乾燥肌なのです。
冬場は肌がガッサガサで、しょっちゅう保湿クリームを塗らないといけない始末。
で、静電気もひどい。
駅の改札とか店の取っ手とか自動販売機とか陸橋とか金属関係はもちろん、至近距離ですれ違った他人でも、店員さんにお釣りを貰う時でも勝手に電撃攻撃です。
自分で食らうならまだしも、それを受けた他人には無茶苦茶びっくりされます、ごめんなさい。
まさにビリビリです、とある魔術の禁書目録です、御坂美琴です。
自分でもバチバチするのが怖いので、自動販売機などではいつも鍵や硬貨などで軽く触れて逃がしてから投入したり、極力金属部に手が直接触れないようにしていますが、場合によっては木材でもバチバチするからなぁ・・・体質だからどうにもなりませんが。
静電気は電圧こそ高いもののアンペア数が低いから死ぬことも無いしね。
まぁ、アホみたいに高い電圧やらアンペア数だったらちょっとアレですが。

高電圧と言えば昔、何回もブラウン管のゴムキャップなどから感電した事があります。
「ビリビリ」とか「バチッ」というのではなく「カーン」とか「キィーン」という感じでした。
ものすごい高音が手から全身に流れて(あくまでもイメージです)、目の前が一瞬真っ黒になって半ば意識を失いぶっ倒れそうな感じ。
その後しばらくの間、触れてしまった手はマトモに上がりませんでした。
触った側の目もマトモに開かないし、麻痺している感じが全開でした。
手のひらに穴が開く様なヤバイ部分からの感電では無かったのでまだマシでしたが。

とりあえず、ブラウン管は根元にかなりの高電圧かかってるから気をつけてね☆
場合によっては本当に手がヤバイ事になるよ。
通電中にフライバックトランスとかから感電したら心底洒落にならない事になるよ。
それと電源切ってもしばらくはコンデンサーは当然として、管にも帯電してるから気をつけてね☆、ガチで洒落にならないから。
他にも”写ルンです”みたいなのも、ナメて面白半分にバラしてコンデンサーいじったりしたら、これもシャレにならない事態になる事あるから☆
豆知識、豆知識・・・って何の豆知識じゃ!
それはともかく。

とりあえず静電気怖いのでどうにかはしないとという事で購入。
超音波式じゃなくスチーム式なので、常にグツグツ湧いてるような代物ですが。
なので電化製品や楽器の近くには置けません。
素直に超音波式にしておけばよかった。
ま、いいか。

後、お約束の焼き土下座・・・
110129_2.jpg
もういい加減にしなさい、毎度毎度、同じネタを。
・・・でも・・・まだやるよ・・・

とりあえずそんな感じです。
そして「スピードワゴンはクールに去るぜ」。

・・・誰がスピードワゴンか!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

メルカトル図法(DEATH)

Author:メルカトル図法(DEATH)
こんぬつわ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最新記事
検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Web本棚
グーバー何たら
グーバー何たら
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。