スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第996回「レッツ・ポジティブ・シンキング!」

「ポジティブ・シンキング」なんて宗教みたいなものだと思います。
自己啓発セミナーみたいなもの。

ネガティブをガンガン山のように背負ってからこそ、何とか捻り出せねば”ならない”のがポジティブ。
そんな事、簡単に出来れば苦労はありません。
「レッツ」などと軽々と能天気に言える事じゃないと思います。

気軽に簡単に安く「まだ30%も残っている」ではなく、「なぜ最初に70%を飲んでしまったのか」を悔いて悔いて悔いぬいて考える事から始まると思うのです。
あなたの目の前には”希望通り”の道が開けているつもりなのかもしれないけど、同じく突然に断崖絶壁へ立たされる可能性もあるのです。
だから私は軽々しく「大丈夫だ!」なんて思う事などできないのです。
恐る恐る渡るのです、怖くて怖くて仕方ないから、怖いから。

今日終わるのかもしれないし、明日かもしれないし、もしかしたら昨日終わっていたのかもしれないし・・・だからこそ怖いのです。
色々な方々と薄くとも何とか何とか繋がせていただく事ができ、恐る恐る一歩一歩を震えながら踏みしめて渡っていくのです。
そういう「薄暗い中で薄氷を踏む」人生を、何らかの形で支えてくださっている様々な方々の存在自体、本当に感謝すべき事だと思える事なのです。
だから軽々しく「ポジティブ」やら「前向き」やら・・・ましてや「レッツ・ポジティブ」なんて、馬鹿げてふざけた安くさい言葉は聞きたくないのです。

生きるという事はそれだけで恐ろしく重いのです。
死ぬという事が”生き物”として軽いだけに、生きているという事は恐ろしく重いのです。
このあたりは、落ち込むだの落ち込まないとかではなく・・・考え方の違いだと思いますが。

私の事を「あなたはネガティブだ」と思われる方もおられるかもしれませんが、だからこそ”ポジティブ”を意識して意識して必死なのです。
だから「レッツ」なんてバカみたいに軽々しく語って欲しくないのです。

私が死んで誰が泣く?
誰も泣くまい。
だから怖がりながら生きるのです、薄氷を踏みながら。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!
今日のテーマは「レッツ・ポジティブ・シンキング!」です。

みなさんは、落ち込んだりすることはありますか?
そういう時にこそ、ポジティブに考えてみましょう!

たとえば、水谷は、コップにジュースが残り30%くらい残っていたとして
「ああ、70%も飲んでしまった・・・」と思うよりも
「まだ、30%も飲めるんだ!」と思うようにしています...
第996回「レッツ・ポジティブ・シンキング!」

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

メルカトル図法(DEATH)

Author:メルカトル図法(DEATH)
こんぬつわ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最新記事
検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Web本棚
グーバー何たら
グーバー何たら
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。