スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フミアートでお花見で定例会かぁ

おはようございます、フミアートです。
なんだったんだろう?あれ。
基本的に芸術なんて自己顕示欲の塊で、流れる水が如くなものだしねぇ。
自分が「そうだ」と言い張れば落ちている犬の糞でも芸術になるしな。
もちろん私は芸術なんてわかりませんよ。
「わーきれいな絵」とか「これって何百年も前のものなのかぁ(実際は奈良、天平文化のものでもその当時のものを保っているのは少ないけど、盧遮那仏像もほとんど当時のものはない)」みたいな分かりやすい感覚で。

で、その盧遮那仏像というか大仏?を見に行った時、私の興味は大仏像本体ではなく大仏殿(これも建て直し)の落書き。
天保とか江戸期の落書きが多数よ、エキサイティングだわ。
・・・何か間違っているか。
また正倉院展とか行きたいなぁ、生きている内に。
ああいうのは実物を見ると全然重みが違うからね、絵画もそう。
私が絵画で図版と実物の差で衝撃を受けたのはサルバドール・ダリ。
実物は変態的だわ。
ゴッホとかモネなんかはそうも思わなかったのに(ゴッホはちょっと病む方向の怖さというか・・・)、ダリは作ったのかしらんがあからさまな狂気でおかしかった、色彩も実物は異常。

そういうのはともかく。

もうそろそろお花見の季節ですね。
いきなりといえばいきなりなのですが、毎回なので勘弁して下さい。
何か軽いお弁当でも持ってお花見にでも行こうかなぁ、気分転換も兼ねて。
私は基本的にああいうお祭りっぽい雰囲気は嫌いではないのです。
ただ積極的にその環の中に入るのは嫌ですが・・・傍観者としての好きであって。
何度も述べていますが私は初対面の方との人付き合いが苦手なのです。
他人を見る人は他人からも見られている・・・また、何度も述べているニーチェの「深淵を覗くものは深淵からも覗かれている 」で。
親しくなってくると話は変わりますが、その敷居が・・・

そういや、外国ではお花見みたいにいろいろな人が集まって盛大な酒盛りをする習慣ってあまりないみたいですね。
なので、夙川(私の家から一番近い、徒歩圏内)でも大騒ぎ。
ずっと前に見た時は泥酔していた外国の人が頭から逆さまに植え込みに突っ込んでいました。
犬神家の一族の佐清みたいに。
もちろん、そこらのおっさんやにいちゃんに引っこ抜かれていましたが。
また、そういうの無いかなぁ。

それと、ツタヤにDVDを返しに行ってきました。
「ゴジラ(最初の)」オキシジェンデストロイヤー(水中酸素破壊剤)とかネーミングがたまらん、それとブラピのFURY・・・レンタルになるの早いな。
FURYは、何というのか、後味の悪いというか、「愛国と反戦を同時に語って混乱している映画」って感じで。
でも戦車戦はかっこよかったよ(テーマは重いのに私の感想は軽いな)。

そういう感じで・・・また水曜日は定例会か・・・そこそこ親切にして下っている方もおられるし、色々と厳しいというかゲロを吐きそうな勢いで(汚くて失礼)家で肩や腰のリハビリを繰り返しているだけに少しマシにはなってきています、激痛を伴いながらでも少しづつ動くようになってきています。
だからこそ骨とか内蔵(内蔵?こっちの取り返しは・・・もうね)色々な方々のと期待を裏切ってはダメだ。
でも・・・いや・・・そもそも裏ぎらない、裏切られない期待の保証なんてどこにある?
安い保証を後生大事にか。
裏表の一銭銅貨の。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

メルカトル図法(DEATH)

Author:メルカトル図法(DEATH)
こんぬつわ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最新記事
検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Web本棚
グーバー何たら
グーバー何たら
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。