スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行はいいな、そして記念切符とか

どこか旅行に行きたいメ(略)です。
前は京都だの奈良だの姫路だのイスタンブールだのソマリアだの行っていましたが最近は全然出かけていません。
というか、最後の2つはウソです。

そういや小さい頃はじいさんに連れられて結構な頻度で京都なんかには行っていました。
今はもう無い嵐山博物館で零戦の操縦席に入った事もあります。
なぜかは知りませんがステップ部分に「男の子のみ操縦席に入れます、女の子は駄目です」みたいな表記もあったと思います。
まぁ、この辺はずいぶん昔の話だしなぁ・・・戦闘機って事だし。
でもってその操縦席、当時まだ10才そこらの私でも「狭っ!」と思いました、かなりキツキツ。
別に太っているわけでもなく、普通の小学生(どちらかといえば細め)なのに。
また、その操縦席周辺の装甲が異様に薄いってのも感じました、ペラペラ。
当時の航空兵は大変だったんだなぁ。

歌舞伎とかもまた見に行きたいです。
基本的には連れに誘われてですが、何回か行きました。
大阪、松竹座の新築時の杮落としとかも行きました。
いろんな有名人が綺麗な着物を着ている中、私は古着の革ライダース。
思いっきり浮いていました、杮落としでそれかい。

でもって。

今日も特にどうということもなく。
相変わらず調子は悪いです。
どうしようもないです。

で、今日は平成22年2月22日・・・2並びという事で何かJRで記念切符みたいなのあったみたいです。
本来は2日だったらしいのですがその時は売り切れ、なぜか22日にもう一度行ってみるとなぜか自動販売機で買えたと何とか。
・・・よくわからんが、私の分も貰いました。
100222_1.jpg

しかし中身は
1002222_2.jpg
上の記念券的な硬券は2月2日で、通常のロール紙の券2月22日表記・・・
判ったような判らんような。
というか、どうやって自動販売機で買ってきたんだよ、これ。
たぶん台紙+硬券のみのを買って、普通の切符を自動販売機で買ったんだろうけど。

ま、それはともかく上の切符。
やっぱ硬券って結構懐かしいですね。
全然鉄道マニアではないのですが、久しぶりに見ると懐かしい感じがします。

しかし、冷静に考えると・・・
実際、硬券時代の西ノ宮駅で”入場券”を買った人なんているのか?
あの頃は貨物列車の荷札を何分の一かに切り裂いて作られた、駅を反対側に通り抜けるだけの”通行券”ってのがあったのです。
単に入った側から反対側に抜けるだけの券。
改札近辺に適当に箱に入れられている無料の券。
で普通に、人とか自転車とか原チャリくらいなら、そこに置いてあるその券を拾って反対側の改札近辺の箱に置いて出るだけでOKだったのです。
一応、駅構内(ホーム等)に入るのはダメみたいにはありましたが、その辺も当時は非常に・・・本当に適当でした。
なので、その頃に入場券などを買った記憶はありません。
今は、反対側に出るトンネルも整備されているのでそんな券もありませんが。
また同じく、阪神電鉄の西宮駅も券売機に無料で「通行券」というのがありました。
アバウトな時代だったのですね。
なので私が住んでいる地域での”入場券”というシステムにはピンときません。

本当は個人的には、昔みたいに貨物列車の荷札を切り刻んだものの裏にハンコ押しただけの汚い「通行券」が欲しかったです。
それなら泣いていたかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

メルカトル図法(DEATH)

Author:メルカトル図法(DEATH)
こんぬつわ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最新記事
検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Web本棚
グーバー何たら
グーバー何たら
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。