スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一休さんのゲームとかたまーにくる依頼メールとか

パシフィストは基本的に延々と地面を走る。
はい、全人類ご存知、いや哺乳類全部がご存知、タイトーのナイトストライカーですね。
知らんとかは聞きません。
あのタイトー独特の「キョキョーン!」て効果音とか、照明が流れていく筐体とかも結構好きだったのよ。

あと、以前買ったサドンデスソースを、ちょっと前に何とか完食出来たのですが。
最初、パスタに面白半分で何も考えずにドバドバドバドバとかけて食べた時は・・・死ぬかと思いました、何じゃこりゃ!あんなもの兵器じゃ!
辛いじゃなく、無茶苦茶に口内が痛いのです。
くそー!痛い!俺も人間国宝になってやる!市川海老蔵みたいに!偽人間国宝に!

だから、いつも前半が無茶苦茶とか何がどうとかは聞く耳持ちません。

ゲームと言えば最近、今更ながら初代プレステのSIMPLEキャラクター2000シリーズVol.7 一休さんTHEクイズをちょっことやったりしています。
とりあえず電源投入・・・モードを選んでスタートを押して・・・ゲーム開始。
で、いきなり一休さんが出てきて「一休み一休み」とか・・・始まったばっかりだろうが
さすが屁理屈ボーイ。
さらに小夜ちゃんがギャンブルの問題を振ってきたり、新右衛門さん(ケツアゴ)がパチスロの問題を振ってきたり、和尚さんがワンダースワンの問題を振ってきたり。
キャラ設定もへったくれも無い、実にカオス渦巻くゲームになっています。

で・・・昨日書いていた「よく判らん海外からのメール」、恐らくSPAM確定ですが。

それ以外にも見知らない方から、何らかの依頼のメールとかたまーに来ます、例の放置しているサイト絡みですが。
何だかんだでの形で知っている方なら全然構いませんが、見知らない方からのメールはなぜか結構怖いのです。
掲示板とか、コメントなどなんかは大丈夫なのに、メールだけは・・・なぜだか。

今までにも複数の会社から何回も雑誌掲載とか(これに関しては基本的に全社様に”著作権的な問題が無ければ、転載でも何でもお好きなようにしてください”という対応でした)、単行本出版要請とかテレビ出演とかラジオ出演とか雑誌での対談の依頼、コラム連載依頼・・・本当に色々ありました。
でも、雑誌での単なるサイトのURL掲載とかページ紹介などの依頼以外の、直接的に関わる事は基本的に本当に失礼ながら全部お断りさせていただいていました。
ごめんなさい。

で、向こう様からいただくメールの感想としては・・・
書物関係の方々は丁寧でこっちがオロオロする感じ・・・実際に本当に真摯に対応して下さる方々が多く、非常に感謝しています。
でも極一部のテレビ局からのメールは、言葉遣いこそ一般的な会社からの文言だけど、内容は基本的に「テレビに出させてやるぞ、みんなテレビに出たがってるんだぞ」みたいな感じ。
こっちの返答も聞かずに、最初のメールでいきなり「いついつどこそこに来い(こっちは関西に住んでるのに東京にだぞ)、待っててやるから」みたいな打ち合わせの話、事前の打診なんか一切無し。
「テレビに出して欲しいんだろ?えぇ?」という出て当たり前な視線。
普通「出てもらえますか?検討お願いします」とかの最初の段階での打診くらいはあるでしょうに。

テレビなんか出たくも無いわ!、そもそも人付き合いが大の苦手だし。
大昔に2回くらい関西ローカルテレビには出たことはありますが・・・今は絶対に嫌です。
今は体調も悪いし(東京まではまず行けない)、先ほど述べたように知らない人との付き合いが大の苦手だし。
で、「ご連絡大変感謝いたします。しかしテレビへの出演などは私個人の体調の都合もあり、失礼を承知の上で述べさせていただきますと難しい状況で・・・云々(私はこういう固い文章は基本的にくどい)」みたいな感じで、できる限り丁寧に返答を返しても、それに対する返答は非常におざなり、たった数行程度・・・というか内容的には失礼かとも思える「チッ・・・」みたいな内容だったし。
そりゃ、丁寧に対応してくれとは言わないが、そっちからの依頼に対して出来得る限り真摯に対応しているのに・・・最低限の礼儀というものはあるだろう。
局名や番組名は出さないけど。

他にも「プラモ貸してください」とかテレビ局からメールが来て、「組み立てないなら全然構いませんよ」的な返事を返すと、即「やはり3種全部揃ってからにします」と返答・・・
実際動いている絵が欲しかっただろうし、何も言わなければ勝手に組み立てて撮影する気が満々だったのが全開ですわ。
だってそうじゃなければ、「全種揃えられる事がまず難しい状態」で私に”貸してくれ”と連絡取ってきたりはしないだろう?
そのまま貸していたら確実に勝手に組み立てる気だったろう?そういう動いている絵を出すのがウリな感じの番組だしね。
テレビなら何してもいいと思うなよ、こっちはコレクターだぞ。
これも局名や番組名は言わない、相当に有名な番組だけど。

それ以前に、そんなにボキャブラリティーも無いし、私が出てもテレビ的に面白い表現なんか出来ないわ!
そもそもこんなバカにそういう事頼んでも番組が寒くなるだけですわ!
番組を寒くさせて欲しかったら、ドン引きレベルまで引かせてやるわ!覚悟しろ!
まぁ極々一部での局の話で、全部が全部そうではないのでそのあたりはお間違え無きよう・・・ご用心ご用心・・・何に?

・・・ねーっ!☆(綺羅星)






あー・・・また無理やりに〆たな・・・
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

メルカトル図法(DEATH)

Author:メルカトル図法(DEATH)
こんぬつわ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最新記事
検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Web本棚
グーバー何たら
グーバー何たら
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。